製品紹介

ホーム > 製品紹介 > ProteoLiposome BD Expression Kit

製品紹介

CFS

ProteoLiposome BD Expression Kit

商品名 品番 サイズ 保存温度
ProteoLiposome BD Expression Kit CFS-TRI-PLE-BD 1セット 6反応分 -80℃
詳細

本キットは、GPCR等の膜タンパク質に対する高品質抗体用の抗原合成を目的として開発されたキットです。Liposome共存下で、新開発の透析重層法(BD: Bilayer-Dialysis method)により合成することで、従来の重層法での合成収量に比べて約3倍のproteoliposomeを得ることができます。
コムギ無細胞タンパク質合成には、WEPRO7240を使用します。キットに添付されているリポソームは大豆のアゾレクチン由来の脂質で構成されています。本キットには、2.5mL反応スケールで6反応分の膜タンパク質合成に必要な試薬が含まれています。
本キットにより、例えば、味覚受容体であるT1R1膜タンパク質を1 反応当たり簡易精製後に約500 μg得られます。

※本キットには透析重層用デバイスは含まれておりません。ご使用時には別途Thermo ScientificTM 社のSlide-A-LyzerTM MINI Dialysis Devices, 10K MWCOをご用意願います。

透析重層法を用いるproteoliposome合成

  1. 透析カップ、50 mlチューブ、フタからなる透析デバイス(Slide-A-Lyzer MINI Dialysis Devices, 10K MWCO)
  2. 50 mlチューブに翻訳反応用バッファー(SUB-AMIX SGC)を入れる
  3. 透析カップを50 mlチューブにセットする(翻訳反応用バッファーに浸す)
  4. 透析カップに翻訳反応用バッファーを入れる
  5. mRNAとWEPRO(コムギ胚芽抽出液)の混合液を透析カップ内の翻訳反応用バッファーの下層に入れる(重層の形成)
  6. キャップを閉めて、インキュベータにセットし翻訳反応を開始する。
  7. 透析カップ内にプロテオリポソームが形成される

図2:重層法(BL)と透析重層法(BD)によるpuroteoliposome合成収量の比較 

BL: Bilayer
BD: Bilayer-Dialysis
Sample :1 ul/lane
*: Detected protein

Lane No.

Sample Name

Protein Yield (ug)

Bilayer

Bilayer-Dialysis

1 CHRM2 78 163
2 GHSR 156 539
3 PTGER1 121 293
4 GHRHR 165 767
5 GPR56 236 669
6 FZD7 235 514
7 GABBR1 167 552
8 T1R1 161 520
キット内容
試薬 数量 濃度 液量 箱の色 保存温度
WEPRO®7240 1 240 OD 1 ml -80℃
5x Transcription Buffer LM 1 5x 0.4 ml
NTP Mix 1 25 mM 0.2 ml
SP6 RNA Polymerase 1 80 U/μl 30 μl
RNase Inhibitor 1 80 U/μl 30 μl
Creatine Kinase 1 20 mg/ml 20 μl
pEU-E01-T1R1 plasmid 1 1 mg/ml 30 μl
SUB-AMIX® SGC S1 1 40x 12.5 ml -20℃
SUB-AMIX® SGC S2 1 40x 12.5 ml
SUB-AMIX® SGC S3 1 40x 12.5 ml
SUB-AMIX® SGC S4 1 40x 12.5 ml
Asolectin Liposome, lyophilized 6 (10 mg) Lyophilized -80℃
取扱説明書
参考文献
関連商品

Thermo Scientific™ 、Slide-A-Lyzer™ はThermo fisher scientific社の登録商標です。

ページトップへ