MENU

タンパク質間相互作用解析サービス | 株式会社セルフリーサイエンス

header jp

header en

タンパク質間相互作用解析サービス

 

interaction_img01.jpg

ヒトプロテインビーズアレイによるタンパク質間相互作用解析

近接依存性分子標識技術を用いる網羅的タンパク質間相互作用解析

近接依存性分子標識技術は、配列に依存せず、近接した全タンパク質を共有結合性の分子で標識する技術です。当社では、近接依存性ビオチン標識酵素であるAirIDを使用し、プロテインビーズアレイと組み合わせることで、網羅的なタンパク質間相互作用解析を実現しました。

interaction_img02.png

AirIDを用いる近接依存性ビオチン標識による相互作用タンパク質同定スキーム

タンパク質間相互作用解析サービス

ヒト23Kヒトプロテインアレイによるタンパク質間相互作用解析サービス

AirIDを融合した解析対象タンパク質と1ウェルあたり1種類のヒトタンパク質が搭載されたプロテインアレイ36枚(23,000種のヒトタンパク質が搭載)を用いてタンパク質間相互作用解析を実施します。

interaction_img03.png

ヒト23Kプロテインビースアレイと近接依存性ビオチン標識技術を用いたタンパク質間相互作用解析

解析実施例

interaction_img04.png

カテゴリーアレイによるタンパク質間相互作用解析サービス

AirIDを融合した解析対象タンパク質とタンパク質のカテゴリ-別に分類したタンパク質をそれぞれ1ウェルあたり1種類が搭載あれたプロテインアレイ(1~2枚)を用いて試験を実施します

interaction_img05.png

ダイバーシティアレイによるタンパク質間相互作用解析サービス

AirIDを融合した解析対象タンパク質と、118 種類のヒトタンパク質がそれぞれ1ウェルあたり1種類が搭載されたプロテインビーズアレイを用いて試験を実施します

interaction_img05.png

ダイバーシティアレイによる解析実施例

ダイバーシティアレイでの近接依存性ビオチン標識技術を用いたタンパク質間相互作用解析

近接依存性ビオチン化標識酵素 (AirID 1)) 融合 TP53 または NF-κB阻害因子IκBα を用い、ダイバーシティアレイによるタンパク質間相互作用検出を行いました。

interaction_img06.png

料金プラン

interaction_img07.png

参考文献

AirID, a novel proximity biotinylation enzyme, for analysis of protein-protein interactions.Kido K. et al.: Elife. 2020 May 11;9:e54983.
PMID: 32391793, PMCID: PMC7302878

ご利用の流れ

interaction_img09.png

お問い合わせ

Webフォーム

 

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

045-345-2625

(受付時間 : 平日 9:00~17:30)

Copyright ©CellFree Sciences Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]