MENU

ニュース | 株式会社セルフリーサイエンス

header jp

header en

ニュース

「LIP.横浜トライアル助成金」交付対象事業に選ばれました

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年07月18日(土)

「LIP.横浜トライアル助成金」※の交付対象事業に当社が選ばれました。

 

■交付対象事業

タンパク質間相互作用を解析するスクリーニング技術を用いた創薬支援

 

■事業内容

創薬標的となるタンパク質間相互作用について、弱いタンパク質間相互作用であっても検出を可能にする酵素の最適化を検討し、相互作用スクリーニングによる創薬支援を目指します。(静岡県立大学との共同研究)

 

※LIP.横浜トライアル助成金は、(公財)木原記念横浜生命科学振興財団が横浜市経済局の補助金を受けて運営する事業です。

 

詳細はこちらをご覧ください。

ジェトロの国際ビジネス情報番組に取り上げられました

カテゴリ: メディア掲載 作成日:2020年07月13日(月)

ジェトロ(日本貿易振興機構)の国際ビジネス情報番組「世界は今-JETRO Global Eye」に取り上げられました。

 

国際ビジネス情報番組「世界は今-JETRO Global Eye」#1047(2020/07/09)

「新技術でヘルスケア市場に挑む! ‐デジタル版BIOで世界へ‐」

 

≪ジェトロHP≫

https://www.jetro.go.jp/tv/internet/2020/07/469f3b9a98ca0a5d.html

 

≪YouTube≫

https://youtu.be/-WVf02t8GzY

NHKニュース 世界初の三日熱マラリア診断マーカーとして紹介されました

カテゴリ: メディア掲載 作成日:2020年05月25日(月)

愛媛大学プロテオサイエンスセンターら国際研究グループと進めた三日熱マラリアの肝内休眠型血清診断マーカーの開発成果について、NHKニュースで紹介されました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

三日熱マラリアの肝内休眠型血清診断マーカーの開発に成功

カテゴリ: プレスリリース 作成日:2020年05月12日(火)

愛媛大学プロテオサイエンスセンターの高島英造准教授、森田将之講師、坪井敬文教授株式会社セルフリーサイエンスのマティアス・ハーベス(Matthias Harbers)次長らの国際研究グループは、三日熱マラリア再発の原因となっている肝内休眠型原虫感染者を見つけることのできる血清診断マーカーの開発に成功しました。

 

この成果は、愛媛大学プロテオサイエンスセンター、株式会社セルフリーサイエンス、The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research(WEHI)、パスツール研究所、Foundation for Innovative New Diagnostics(FIND)を主要なメンバーとする国際共同研究プロジェクトによるものです。またこのプロジェクトは、2015年10月から2017年3月まで公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(以下「GHIT Fund」)の助成を受けて開始しました。

 

今回の研究成果は、マラリア撲滅の難敵である三日熱マラリア肝内休眠型原虫の診断を世界で初めて可能とするもので、その治療を安全かつ有効に推進できる重要な成果と位置づけられます。

 

この研究成果に関する論文は、日本時間の2020年5月12日(火)付けでNature Medicine誌に掲載されました。

 

<Nature Medicine誌>

Development and validation of serological markers for detecting recent Plasmodium vivax infection

 

 

愛媛大学と当社との共同プレスリリースはこちらをご覧ください

 

愛媛大学プロテオサイエンスセンターの掲載記事はこちらをご覧ください

新型コロナウイルス検出用モノクローナル抗体開発に寄与しました

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年04月23日(木)

横浜市立大学の梁明秀教授を中心とした共同研究グループは、

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の開発に成功され、

抗原作製において当社コムギ無細胞系タンパク質合成技術をご活用いただきました。

 

※ご参考

横浜市立大学のプレスリリース

新型コロナウイルス抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の作製に成功

愛媛大学らマラリアワクチン開発への研究助成が決定

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年04月06日(月)

当社の戦略的技術パートナーである愛媛大学プロテオサイエンスセンターらの研究グループは、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)からマラリア伝搬阻止ワクチン開発の研究に対して、合計約6億円の助成金が交付されることとなりました。

これまでコムギ胚芽抽出液を供給し、コムギ胚芽無細胞タンパク質合成技術を通じてマラリア研究をご支援させて頂きました当社としましても、このマラリアワクチン開発がまた一歩前進し、マラリア撲滅に向けた切り札になることを願っております。

 

※ご参考

愛媛大学のプレスリリース

GHIT Fundからマラリア伝搬阻止ワクチン開発の研究に対し2件の助成金交付が決定

新型コロナウイルス抗体検出技術に寄与しました

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年03月20日(金)

横浜市立大学の梁明秀教授らが開発された新型コロナウイルスの抗ウイルス抗体を検出する技術において、

抗体の検出に必要な抗原作製に当社コムギ無細胞系タンパク質合成技術をご活用いただきました。

 

※ご参考

横浜市立大学のプレスリリース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功

第93回日本薬理学会年会出展中止のお知らせ

カテゴリ: 学会・展示会 作成日:2020年02月26日(水)

出展を予定しておりました第93回日本薬理学会年会につきまして、

新型コロナウイルス感染症の影響で学会事務局より開催中止の申し出があり、

この度出展を取り止めることとなりました。

 

第93回日本薬理学会年会
会期:2020年3月16日(月)~18日(水)9:00 - 17:30 (18日は15:30まで)

会場:パシフィコ横浜 会議センター 横浜市ブース内

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

 

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

第93回日本薬理学会年会出展のお知らせ

カテゴリ: 学会・展示会 作成日:2020年02月12日(水)

 

セルフリーサイエンスは、第93回日本薬理学会年会出展いたします。

新型コロナウイルス感染症の影響で開催が中止となり、出展取り止めとなりました。


会期:2020年3月16日(月)~18日(水)9:00 - 17:30 (18日は15:30まで)

会場:パシフィコ横浜 会議センター 横浜市ブース内

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

グーグルマップはこちら


抗体交差性プロファイリングサービスについてご紹介いたします。


皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

NHK番組「ひめDON!!」(愛媛) にて当社が紹介されました

カテゴリ: メディア掲載 作成日:2019年12月21日(土)

NHK愛媛「ひめDON!!」(11月15日放映)の愛媛の世界に誇るタンパク質研究にて当社の技術、製品「コムギ胚芽抽出液」が紹介されました。

 

 

Copyright ©CellFree Sciences Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]